パソコンを使っている男性
  • ホーム
  • ip分散で中古ドメインを使用すれば成功しやすい

ip分散で中古ドメインを使用すれば成功しやすい

パソコンを見ている女性

ビジネスとしてホームページを作成する場合は、アクセス数が多ければ多いほど、売り上げもアップしやすくなります。
ただしあまり聞いたことがないような企業やお店のホームページだと、アクセス数を増やすのは簡単ではありません。
テレビで取り上げられたり、新聞で話題になれば自然とホームぺージにアクセスする人も増えますが、簡単にホームページのアクセス数を増やしたいならば、中古ドメインを取得するといいでしょう。

なぜ中古ドメインを取得すると、アクセス数が増えるかというと、中古ドメインには被リンクが残っていることが多いので、そのまま引き継ぐことができるからです。
SEO対策として、被リンクはとても重要なポイントになります。
特に被リンクの質は大事なので、質の高い被リンクを増やすことが大事です。

被リンクのIPアドレスが同じだと、評価は上がらずペナルティを受けることになります。
IP分散することで検索エンジンの評価が上がるので、SEO対策を成功させるにはIP分散はかかせません。
IPアドレスはA~Dの4つに分かれていますが、Cクラス以上のIPアドレスを分散することが大事です。
Cクラス以上でIP分散をしていないと、不正なリンクと判断されてしまいます。

中古ドメインを購入してIP分散をする場合は、IP分散サーバーや複数のサーバーと契約すると、SEO対策が成功しやすくなります。
中古ドメインを複数取得してペラページを作成し、同じキーワードで検索し、一番上位にインデックスした中古ドメインを使用する人もいますが、費用もかなりかかるので、それに見合う売り上げをだせることが大事になります。
中古ドメインの価格も何万円もするものもありますが、高ければSEOの効果がでやすいわけではないので注意が必要です。

関連記事